セパレートカメラで取付自由

フロントカメラはセパレートタイプで自由な取付けが可能。視界の妨げとなりません。
カメラはフロントガラスに直接に設置するので、事故の衝撃でミラー本体がズレても、より安定に映像を記録できます。
高輝度爆光!IPS液晶採用
前モデルでも好評だった「爆光仕様」IPS液晶パネル採用。
シャッタースピード短い60フレームでも明るい映像を表示できます。

1つのコネクターで接続スッキリ

各種接続ケーブルはまとめて1本のケーブルで本体ミラーに接続!
USB TYPE-Cコネクターですっきりと接続可能です。

リアカメラの表示エリア調整可能

設定メニューにて、リアカメラ拡大表示(表示範囲調整)を1~5倍で設定可能です。
ワンタッチで、「拡大・縮小」の画面切り替えが可能です。

リアカメラはSony IMX462を採用

リアカメラには暗さに強いソニー製「STARVIS」MX462イメージセンサーを採用。
トンネルや夜間、光量が少ないシーンでもくっきりクリアな映像を出力できます。
※STARVISは、ソニー株式会社の商標です。

前後同時にフルHD録画対応

前後同時にフルHDの録画機能が搭載されています。
高画質カメラで前後同時に高精細な映像を記録。

全国LED信号機対応

東日本/西日本のLED信号機に対応するようにカメラのフレームレートを調整済み。

Gセンサー搭載

強い振動が感知されるとその時録画されていたファイルがロックされます。
大切なデータが上書きされてしまうことがなく、もしもの時も安心です。

使いやすいタッチパネル搭載

画面に軽く触れるだけで操作可能な静電タッチパネルを採用しています。
画面の表示に触れるだけの直感的な操作が可能です。

バック連動対応

バック連動線をバックランプ配線に接続することにより、バックギア入力時に自動的にリアカメラ画面を表示させることができます。
また、設定メニューにて駐車バックガイドラインの表示/非表示やラインの調整もできます。

表示アングル調整可能

画面を指で上下にスライドしてフロント/リアカメラ画像のアングル調整ができます。
カメラの設置位置に関わらずにより広い範囲を確認できます。

GPS機能対応(別売りのGPSアンテナ要)

オプションのGPSアンテナを接続することで、走行速度と走行方位を画面に表示でき、
走行記録も同時に保存、専用再生ソフトウェア(パソコン)でカンタンに再生可能です。
また、GPSが受信されると日時情報が自動で修正され、時刻設定の必要がありません。

駐車監視機能付(別売りの3芯電源ケーブル要)

別売3芯電源ケーブルに接続することでエンジンをオフにしても電源を供給することができ、タイムラプス録画や衝撃を検出時のみ短時間録画する駐車監視録画機能が利用できます。

製品仕様

モニター:11.26インチIPS液晶
カメラ:フロント/SC200AI、WDR/HDR対応、1080P、27.5fps、200万画素
リア/SonyIMX462、WDR/HDR対応、1080P、60fps、210万画素
録画モード:ループ録画(1/2/3分)
動画ファイル形式:MP4
静止画ファイル形式:JPG
メモリカード:別売りmicroSDカード(最大128GBまで、Class10必須)
電源:DC12V/DC24V対応(電源入力:DC5V/2.5A)
動作温度範囲:-10~ +60℃

《付属品》

本体×1、シガー電源ケーブル×1、フロントカメラ×1、リアカメラ×1、リアカメラ中継ケーブル×1、接続ケーブル×1